こちらは札幌在住主婦さかいの萌え語りの場です。アニメ・漫画感想や札幌こぼれ話に双子育児・麻雀などなど。

  あおいろ部屋のナビゲーター   トップページ > ドラマ感想 > 『マッサン』第139話~144話ひとこと感想  

『マッサン』第139話~144話ひとこと感想

2015 - 03/21 [Sat] - 17:53

あらすじ
第24週、三級ウィスキー、つまり安いお酒を
造ることになったマッサン。最初は
渋るも、甥である悟とのやり取りから
考えを改めたのでした。

うん、やっぱりウィスキーにこだわる
マッサンが1番面白いです。
出資者に三級ウィスキーづくりを命じられて
渋るマッサン、年とっても相変わらずです。
そして悟。シベリア抑留から生還した悟の言葉は
とても重かった…。自分の大便をまた食べるとか…。
そうですよね…。戦地では特に、口に入れられる、
命を繋げるものに本物も偽者もない。
「酒に本物も偽者もなあ」
この言葉に背中を押され、戦後日本人にとっての
命の水となる三級ウィスキー造りに
乗り出したマッサンの応援団がまた2人、
吟パパと千加子さんが広島から来てくれました。
…話の中だけとはいえ早苗ママも応援しててくれたかな?
広島は戦後で蔵にも人手不足とのこと…。
俊兄もこっちにいますしね…。なんだかんだ言ってマッサンを
手伝う俊兄、もはや広島に帰る気はなさそうですしw

そして、マッサンが造る三級ウィスキーのキーモルト、
肝となるウィスキーはなんと、偶然にも
一馬が育てた大麦で仕込んだウィスキーでした!
「まさか、こんなことがあるんじゃのう」
俊兄、私もそう思いましたよ…。

一馬出征までの下りは正直たるかったけど
こんな伏線が仕込んであったとは!
大した奴じゃ…(^^)
生還した悟も、一馬の戦死に思う所あって
余市に残ることを決めたようでしたし。
「わしは、わしが生き残った意味を
見つけてみたいんじゃ」

今週はマッサン以外の広島弁が新鮮な週でした。
あとエマもさらに成長してまるで別人(笑)
英語がずいぶんうまくなりましたなあ(笑)

そして、一馬に託された夢が花開く時。
新たなウィスキーをマッサンは
生み出しました。香料も着色料も
使わないというこだわりはそのまま、
評判のいいウィスキーができました!
お得意のスモーキーフレーバーが
「いい香りだ」とようやく褒められました!
マッサンのウィスキーが普通に褒められると
ちょっと変な感じもしますが(笑)
しかし、渾身の一級酒より先に三級酒が
評価されるとは。そのへんさすがマッサンw

さあようやくスーパードウカそして
スーパーエリー…なのに、来週もう
最終週だとは…!
やっぱり戦争描写が長すぎたような
気もします。もっとウィスキーの話が
観たかった!とりあえず来週は心して観ます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoiro311.blog47.fc2.com/tb.php/1147-a75ea8c4

 | HOME | 

プロフィール

さかい

Author:さかい
0311生誕、うお座B型
趣味:麻雀とか水泳、たまにマラソン・アーチェリー。
現在札幌在住、塾講師ですが休業中。

好きな色は青。好きな麻雀牌は北です。あとプリキュア大好きです。キュアパッションは永遠にマイエンジェル。そして福本漫画が熱い。熱すぎるっ…!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー・月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード