こちらは札幌在住主婦さかいの萌え語りの場です。アニメ・漫画感想や札幌こぼれ話に双子育児・麻雀などなど。

  あおいろ部屋のナビゲーター   トップページ > ガチ話 > 実録・のどに魚の骨  

実録・のどに魚の骨

2015 - 04/24 [Fri] - 18:06

先日、人生初の「のどに魚の骨」を
経験しました。しかもウナギで…。
それはある平和な夕飯時のことでした。
いただきもののウナギの蒲焼
(調理済み真空パック)を
おいしくいただいておりました。
ウナちゃん
その途中、何だかのどがイガイガしたのです。
何かがひっかかっているような…。
それは、食べたり飲んだりすると
治まることもあるような、でもまた
イガイガしてきて、時間が経ったら
何だか痛みを増してきました。
「これは…刺さったか…?」と
その時点で予想がつき、私は
効いたことのある対処法、
「ご飯のかたまりを飲みこむ」を
やってみました。
この方法、効かないどころか骨を
更に深く刺しちゃうこともあるそうで
絶対やってはいけないそうです。嗚呼!

鏡を見て、自分で抜けないかとトライしても
ダメ。さかい夫に見てもらってもダメ。
だったら方法は1つ。病院へ行くことです。
さかい夫が実はのどに魚の骨の経験者で、
さっさと行くのがベストとの言だったので
一晩待たずに夜間救急へ行くことにしました。
その時21時半くらいでした。
めざす札幌市医師会夜間急病センター
地下鉄西18丁目の駅から直結です。
耳鼻科の受付は夜11時まで。
双子を夫に託し、地下鉄で向かうも
その時はもう、地下鉄の振動で
のどが痛かったです…。

たどり着いた夜間救急は熱があるらしい人や
具合の悪いお子さんで混んでおり…
のど以外は全く元気な自分が来たのが
ひどく場違いな気分だったのです。が…
受付で記載する問診票にはしっかり
「のどに魚の骨」の項目が!
問診票にも!
けっこうあるのでしょうか…。

さて、診察室に入り診てもらうと、
舌を引っ張って裏の方に骨があることが
わかりました。取り方ですが、耳鼻科用の
細くて曲がったピンセットを口に突っ込んで
取ってもらいます。
看護師さんが私の頭を押さえ、
私が自分で舌を引っ張り、
ドクターがライトとピンセットの
二刀流で挑みます。
それはまさに三位一体の攻防!
プリキュアトリニティリュミエール!(笑)

が…細いウナギの骨はなかなか取れません。
私がウっとなってしまい、いったん休憩を
2度ほど繰り返したでしょうか。
その拍子に骨はぽろりんちょと取れたのでした。
「抜けた骨を見せてあげられなくてごめんね~」
ドクターの弁(笑)

骨が抜けてしまえばケロッと元通り。
22時15分には帰路についたのでした。
合計請求額・2340円也。深夜加算が
あるからね、仕方ないけどね…orz
ウナギやアナゴの小骨も、時として
テグスのように鋭くのどに
刺さるそうですので、皆さまも
お気をつけくださいまし…!
ウナちゃん
ところで問題のウナギはまだ2パックあります。
土用の丑の日に食べる…予定ですw

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoiro311.blog47.fc2.com/tb.php/1164-d2b656b6

 | HOME | 

プロフィール

さかい

Author:さかい
0311生誕、うお座B型
趣味:麻雀とか水泳、たまにマラソン・アーチェリー。
現在札幌在住、塾講師ですが休業中。

好きな色は青。好きな麻雀牌は北です。あとプリキュア大好きです。キュアパッションは永遠にマイエンジェル。そして福本漫画が熱い。熱すぎるっ…!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー・月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード