こちらは札幌在住主婦さかいの萌え語りの場です。アニメ・漫画感想や札幌こぼれ話に双子育児・麻雀などなど。

  あおいろ部屋のナビゲーター   トップページ > アニメ感想 > アニメ『小公女セーラ』第1話~22話感想  

アニメ『小公女セーラ』第1話~22話感想

2012 - 04/28 [Sat] - 11:39

昨年から、テレビ北海道「おはようまんが」枠で
世界名作劇場が放映されております。
ペリーヌ物語

フランダースの犬

アルプスの少女ハイジ

と来て、現在『小公女セーラ』放映中なのですが…
小公女セーラ
はっきり言ってハマってます。
中2にして絵本大好き星空みゆきさんのことを笑えません。

現在22話まで放映され、ちょうど折り返しくらいですので
感想など書いてみたいと思いますよ。
moesara.jpg
↑完結版DVDジャケットは絵が現代風で萌え加速…!

追記以降、セーラお嬢様語りと拍手メッセージお返事ございます。
ありがとうございます~♪

『小公女セーラ』世界名作劇場の中でも屈指の人気と
知名度を誇るだけあり、わたくしも本放映か再放送かは
覚えておりませんが、観た記憶はありました。
エミリーって生き人形だと思っていた時期もあった
でもですね…、最後まで観た覚えがないのです…。
それは多分、観るのが辛くなったからだと今なら分かります。
今観てても、ウツ一丁入りまーす!! って感じなんですもの…。

【22話までのあらすじ】
舞台は19世紀のイギリス・ロンドン。資産家であるイギリス人の父と
フランス人の母の間に生まれたセーラ・クルーはインドで育ちましたが、
ミンチン女子学院に入学し、再度事業でインドに渡る父と離れて暮らす
ことになります。富豪の娘でありながらも誰にでも優しく頭もよくダンスも
できちゃうスーパーお嬢様セーラ。一部教師や生徒に妬まれながらも
学園生活を送っていきますが…。11歳の誕生日に父の訃報、そして
破産の知らせが届き彼女の生活は一変。学園のメイドとして働くことになります。
前述の一部教師や生徒および料理人に虐められたりと、バイオレンスな日々が
幕を開けるのでした…。

【登場人物(一部)紹介】
セーラ・クルー
セーラお嬢様
どんな時でも優しさと気高さを失わないお嬢様。
歩く「ボロは着てても心は錦」

ミンチン先生
最凶教師マリア・ミンチン!
ミンチン女子学院の院長。地獄の沙汰も金次第。

ラビニア
この意地悪そうなお顔…!
ミンチン女子学院の生徒。セーラを妬み、虐め倒す。
神様このバカ女に天罰を下していただけませんか。
…と思ったらセーラ虐めの企みが露呈し、親父にビンタされるエピソード有。
ラビニア超ざまぁwwと思わずにはいられなかった。

ベッキー
通称・ベキ子
ミンチン女子学院にメイドとして勤務する少女。
セーラがメイドになっても「お嬢様」と呼び、変わらず慕い続ける。
声がしんべヱ@忍たま乱太郎

ロッティ
ろってぃちゃん4歳
ミンチン女子学院の最年少生徒4歳。母親を亡くしており
セーラを「セーラママ」と慕う。泣き声はとても耳に残る。
たまに若干うざい。

他にも、クラスメイトのアーメンガードや街の少年ピーターが
いるのですが物語は上記メンバー中心に進みます。
今のところ、セーラお嬢様が虐められまくっておりましてね…。
雨の中、じゃがいもを求めてひたすら市場まで歩いたり
部屋の掃除をしている目の前でお菓子のクズをまかれたりと
胸糞悪いったらありません。
雨の中での優しさ
↑セーラお嬢様を助けてくれる人ももちろんいるんですが…。

『セーラ』は朝8:00~8:30放映なので、録画しておいて帰宅後、
さかい夫と観ていたのですが…。先日さかい夫が
「こんな胸糞悪いもん観てられねえ」とリタイアしました。
そしてガチ喧嘩したわたくし達夫婦…(笑)

1985年の本放映時にも「学校でのいじめを助長する」
「児童虐待描写が過ぎる」等々…問題になったり
虐め役ミンチン先生&ラビニアの声優さんにカミソリレターが
送りつけられたりしたそうです。
ある意味では、それくらい感情移入できるアニメです。
ロンドンの風景の描写も素晴らしいと思いますし…。
ちなみにわたくし個人的には、虐めっ子ラビニアよりも
取り巻きのジェシー&ガートルードが1番腹立たしいです…。
彼女ら、セーラに軽~く寝返ったりしてたし。長いものに巻かれろ精神
ここに極まれりです。いじめ問題の縮図でもあるかもなあこれ。

正直、最初の方で煌びやかな生活をしていたセーラお嬢様が
あたりのキッツい料理人(上司)から「お仕置きに飯抜き」を喰らって
空腹だったベッキーに
「私はお腹がすいて仕方がないってよくわからないけど…」
って、悪気はないけど残酷な台詞を言っちゃったりしていたので
天涯孤独となってしまった今、世を知るために働くのも彼女のためかも…?
一瞬思ったこともありましたが、大人の理不尽さと汚さしか学べませんわこれじゃ…!
「お腹がすいて仕方ない」も、身をもって知るはめになったし。
父の死・破産、境遇の変化。もうお腹一杯という風情ですが、ところがどっこい
セーラお嬢様を襲い来る不幸はまだまだこれからが本番のようです…。
登場人物も増えて物語も動くそうではありますが…。

今度こそ、何とか最後まで見届けたいもんです。ので、
この日記上で宣言しておきたいと思います。
セーラお嬢様、私くじけません…。ちょっと鬱になっても
『小公女セーラ』、最後まで見届けます…!

私もくじけません…!
最終回を観たら、後半の感想を書きたいと考えております。私、精一杯頑張るわ…!


以下、拍手コメントお返事です!
長~い語りの下で申し訳なかです…orz

>だいず兄貴
お返事がこんな…語りの下になっちゃってすいませんです!
でも明日のプリキュア語りも確実に長いのよね…。

さてテルマエ・ロマエ…実写映画は本日4/28より公開です(笑)
むしろわたくし、4/26(良い風呂の日)をチェックし忘れてましたァァン!
新聞を占拠するルシウス氏か…見たかった、いえしかし想像はつきますがwww
実写映画を観たら、また感想書くつもりでおります。阿部寛氏の肉体美についてとか…。

ここにたどり着きました。

今キッズステーションで「セーラ」やってるのですが、娘(小5)とともにはまっております。リア時は見ておりませんでしたので、今更ですが。

今見てて、「地上波無理だと思うよー」とか、「いじめに虐待ひどいから、クレームひどかったんじゃない」とか、「格差社会の日本じゃ他人事じゃないしね」とか娘に語ってますが、やはり当時から言われてたのが、さかいさんのコメントから分かりました。そういえば、後にローズマリー嬢@ナージャさんが登場するまでは、ラビニアさんがアニメ史上最凶ヒールキャラだったような気が。今は屋根裏部屋のパーティーまで見ました。後頑張って見ます。

Re: なんとここにたどり着かれましたか!

由維さんセーラお嬢様の記事にコメントありがとうございまっす!
おお…!由維さんと娘さんは今視聴中なのですね…。
しかも屋根裏部屋のパーティーあたりですと、その後
セーラお嬢様が学院から…っていう山場あたりでしょうか。。

いやーこのアニメは地上波じゃもう無理でしょうね。
話によってはまっったく救いがありませんし…。
いじめに児童虐待オンパレード、っていうかお嬢様1回死にかけてますし。

でもですね…、原作(小説版)ではもうちょっと
セーラお嬢様は強いんですよ由維さん…。
ええ、私ハマりすぎて小説買っちゃったんです…。
小説版のお嬢様はロッティが泣くと
「うるせー黙れ。お前が泣くと私が怒られるんだよ」的なこと
言ったりしてるんですぜ…。
その一方、「私はいつでもプリンセス」って自分に言い聞かせて
辛い状況を耐えている姿には涙がちょちょ切れる…っていうか
なんかローズマリー嬢に被る部分があるようなw
アニメから入ると、小説はけっこうサクサク読めるのでおすすめですw

では、ラストまでの視聴がんばって下されませ~♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoiro311.blog47.fc2.com/tb.php/626-15a11cdb

 | HOME | 

プロフィール

さかい

Author:さかい
0311生誕、うお座B型
趣味:麻雀とか水泳、たまにマラソン・アーチェリー。
現在札幌在住、塾講師ですが休業中。

好きな色は青。好きな麻雀牌は北です。あとプリキュア大好きです。キュアパッションは永遠にマイエンジェル。そして福本漫画が熱い。熱すぎるっ…!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー・月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード