こちらは札幌在住主婦さかいの萌え語りの場です。アニメ・漫画感想や札幌こぼれ話に双子育児・麻雀などなど。

  あおいろ部屋のナビゲーター   トップページ > ドラマ感想 > ドラマ『主に泣いてます』第3話感想  

ドラマ『主に泣いてます』第3話感想

2012 - 08/01 [Wed] - 23:47

この番組はきっとやってくれると思ってましたが…
スカイツリーズエンジェルズ!
完全再現キター!!
向島のチャーリーズ・エンジェルこと
スカイツリーズエンジェル参上よ!!

第3話は泉さんのコスプレが少ない代わりに(←拉致されてたから)
向島メンバーと、そして仁嫁ゆっこが魅せて下さいました…!

追記以降、ネタバレ感想ございます。
よろしくお願いします~。

絶世の美女・紺野泉が幸せになれない理由の1つ。
それは愛人だから。つまり不倫の恋をしているからです。
もちろん、妻がいる身で泉に手を出した相手の男が1番悪いのですが…。

その「相手の男」は赤松が通う美大の教授でもある青山仁。
3話冒頭で、彼がイタリアから帰ってきました。
結局、赤松は仁がイタリアに行っている間、絵画教室の生徒さん
(=つね)のデッサンは送れなかったようで、仁は
また泉を取り合う男達が刃傷沙汰起こした?それとも君が
泉に惚れちゃった?と、いきなり直球で質問してきましたー。

はっきりいって、どちらもビンゴなのですが…とりあえず赤松は
「僕はゲイなんで!」と初志貫徹します。まあ、つねも
『ゲイでも惚れる泉さんの魔性の美しさか』と言っているように
この嘘はあんまり意味をなさない気もします。

さて、仁先生がいない日本なんてポールのいないビートルズのようなもの!
とアトリエにて仁先生お帰りパーティが開かれ、そこには向島の芸者の
お姐さん方、つねにトキばあ・小桃そしてもちろん泉さんも参加します。
が、そこで泉を待っていたのはパイ投げ芸者・駒子。
コストコで買ったパイ
1、2話で引っ張った岡持ち芸者の岡持ちの中身はコストコで買ったパイ!
駒子もまた仁のモデル兼愛人だった女性で、結果的に泉がその座を
奪ってしまったので、泉に「ちょっといじわるしたかった」と顔面に
パイを次々に命中させるのでした…。
最後は、泉を見ると反射的にパイを投げちゃう体になってしまったので
人間でいられるうちに田舎に帰ったそうです。

駒子のくだりが思いのほか短かったのがちょっと残念ですが…
今話のメインは仁嫁・ゆっこだから仕方ないかー。
3話にして、本妻・元愛人・現愛人が出揃うという濃さ。かつ仁の最低さ。
あ、それにイタリアからの交換留学生ロザンナも出てきたし!

さてある日、泉は仁に「海に行こう」と誘われます。
原作では千葉の海でしたが、ドラマでは2人が出会った伊豆の海。
朝から張り切ってお弁当を作った泉でしたが、仁はすっぽかし…。
さらに最悪なことに、泉と仁嫁・ゆっこが鉢合わせてしまい、なんと
泉とゆっこが2人で海に行くことになっちゃいました。
本妻の運転でドライブとかもう生きた心地しないわなー…泉さん…!

で、ゆっこといえば
「情緒不安定で感情の起伏が激しい女」っぷりがポイントなので
ゆっこを演じる安達祐実さんどうかなーと思ってたんですが…。
ゆっこキターーーーー!!!
この演技の安定感といったらもう。
普段はそれなりに優しげな喋り方ながら、いざスイッチが入ると
早口で怒鳴る二重人格っぷりはハウリングボイスで再現されてました。
そういえば安達さん、昼ドラで1人2役やってたよなー…娼婦と淑女。
さすがのテンション上下でした。ナマコもきっちり握ってたし。
そして単に爆発するだけではなく
「男はいても、友達はいないもんねー、泉さんみたいな女は」
と精神攻撃のかましっぷりもなかなかの迫力です、ゆっこっていうか安達さん。
本妻として、愛人の存在は許せない。でも芸術家である夫は
愛人(泉)がいるからいい絵が描けるし自分も贅沢暮らしができる。
でもそんな生活全然幸せじゃない…!
このドラマはギャグテイストなので、あまりそうは感じませんが
ゆっこにしても境遇は相当重いものがあります。
そんな妻と愛人の対峙を「ピカソの気分」と笑う仁が1番最低なんですが。
ちなみに「ピカソの気分」というのは、かのパブロ・ピカソも
奥さんと愛人が自分を取り合うのを見て「世の中にこんな面白い物はない」
と大笑いしたそうです。いやー最低だ。しかし、そんな経緯があって
生まれた絵が『泣く女』だそうです…。


一方の向島組、泉さんが仁嫁に拉致されたということで
救出に向かいました…が、赤松が泉を心配すればするほど
つねは複雑になってしまう。
泉が仁に作ったついでの『ついで弁当』のことにしても、誰が見たって
赤松が必死になっているのは丸わかりですしね。

けど、赤松が泉を好きになってしまうことで
つねが「お前は他の男どもとどう違うんだ」と言ってましたが…
赤松は、泉を好きになっても自分を見失っていない。
ここ、決定的な違いだと思うんですけどねー。

とにかく、つねは認めないだろうにせよ
つね→赤松→泉→仁という関係が出来上がってきているのは確かです。
今回はトキばあの機転で、赤松がつねに
「僕は美少年にしか興味なくて、理想のタイプは梵天丸だから!」
と言うことで解決wwぶじ泉を救出できましたが…この恋愛模様も
今後どう転んでいくのか見ものです。

見ものといえば『主に泣いてます』のタイトルロゴはドラマの
最後に出されるのですが、この場面は文字通り登場人物の涙で締めです。
タイトルロゴ
今まで涙を流したメンバーは
1話…泉
2話…つね
3話…ゆっこ

でした。4話以降も誰か泣くんだろうか…?だとしたら誰だ…!?
男性メンバーも泣くのかな…?と、そういえばEDにも追加されてました
渋川清彦さん演じる柳寿司の柳さん!あとわかっているメンバーは
柳寿司の大将がモト冬樹さん、ソラまさやがダイアモンド☆ユカイさんww

柳さんが出るってことは『血の3日間』事件の話になっていくんだろうし
誰が泣くことになるのか…!?4話は柳寿司の女将さんと予想してます(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoiro311.blog47.fc2.com/tb.php/681-111283d0

 | HOME | 

プロフィール

さかい

Author:さかい
0311生誕、うお座B型
趣味:麻雀とか水泳、たまにマラソン・アーチェリー。
現在札幌在住、塾講師ですが休業中。

好きな色は青。好きな麻雀牌は北です。あとプリキュア大好きです。キュアパッションは永遠にマイエンジェル。そして福本漫画が熱い。熱すぎるっ…!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー・月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード