こちらは札幌在住主婦さかいの萌え語りの場です。アニメ・漫画感想や札幌こぼれ話に双子育児・麻雀などなど。

  あおいろ部屋のナビゲーター   トップページ > おいしいもの話 > いくらを漬けよう  

いくらを漬けよう

2012 - 10/18 [Thu] - 23:03

北海道の秋といえばアキアジです。
チャンチャン焼き美味しいですぜ
…アジといっても秋の鮭のことでございます。
(春~初夏のトキシラズ等と区別するためなのか、呼び名が違うのです)

外洋から帰って来た、ほどよく脂の抜けたアキアジ自体も
美味しいのですが、もう一つの味覚であるイクラ。
これを漬けると秋本番だと実感します。
本日は「イクラの醤油漬け」のレシピを書き留めておきたいと思います。

道産子の本格的レシピですぜ♪…とか言いたいのですが…。
うーんと…道産子はおおらかで、おおらかってことは
大ざっぱってことでもあり…。レシピもそんな感じなんで
「ふーん」くらいに読み飛ばしていただければと…orz

本日のメニュー:イクラの醤油漬け
<用意するもの>
筋子…適宜
塩…筋子の7%くらいの分量。一つかみ位あれば十分かと。
醤油…適当
日本酒…適当
めんつゆ的なもの…適当


ちなみに筋子は鮭のお腹から出した卵の固まり。
それをほぐしたものがイクラです。筋子のままでも
漬けられるのですがうまくやらないと生臭さが残っちゃうので
さかいはいつもイクラにばらします。
筋子状態はこんな感じ
さて、筋子のばらし方です。
ぬるま湯or熱湯に塩を入れたものに筋子をぶちこみます。
塩の分量も…適当ですww
手早くお箸でかき混ぜると、皮がはずれていきます。
おはしでぐ~るぐる
皮にくっついたイクラは手ではずします。
どんどんほぐそう
ある程度ほぐれたら、お湯を換えて再度かき混ぜます。
この作業を、皮が浮いてこなくなるまで2~3回繰り返します。
綺麗になってきます
綺麗になったら、ざるにあけて水気を切ります。
水を切ります

ざるにあけます

次に、漬け醤油の準備。
醤油と日本酒とめんつゆ的なものを、味見しながら
お好みの濃度&しょっぱさになるようブレンドします。
漬け汁
分量は適当ですww
イクラがひたひたに漬かるぐらいの分量を用意します。
そこに、イクラをぶちこみます。
漬けたてはこんな感じ
以上です。
一晩くらいおいて、イクラが漬け醤油を吸って
きれいに膨らんだら食べごろです。
漬かるとふっくら綺麗になるっす
冷蔵なら3日くらいで食べきるとよいです♪

…えーと、レシピも何もない適当ぶりが
お恥ずかしい限りではあるんですが…。
鮭の成熟度合いでイクラの固さも変わってくるんで
本当に分量は臨機応変なんです。あとは好みですね。
皮のやわらかいイクラがお好みでしたら水で筋子をほぐした方がいいし、
プチっと歯ごたえのある方がよければお湯でほぐす方法をおすすめします。

ちなみに「いくらパラパラ」なる専用のほぐし網も一応売ってるんですが、必要ないと思います。。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoiro311.blog47.fc2.com/tb.php/729-69431abc

 | HOME | 

プロフィール

さかい

Author:さかい
0311生誕、うお座B型
趣味:麻雀とか水泳、たまにマラソン・アーチェリー。
現在札幌在住、塾講師ですが休業中。

好きな色は青。好きな麻雀牌は北です。あとプリキュア大好きです。キュアパッションは永遠にマイエンジェル。そして福本漫画が熱い。熱すぎるっ…!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー・月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード