こちらは札幌在住主婦さかいの萌え語りの場です。アニメ・漫画感想や札幌こぼれ話に双子育児・麻雀などなど。

  あおいろ部屋のナビゲーター   トップページ > ドラマ感想  

『べっぴんさん』第86話~91話(第17週)感想

2017 - 01/23 [Mon] - 03:25

あらすじ
キアリスに新入社員が2人入社。
一方、忙しいすみれに反発する
思春期真っ盛りのさくらは…家出。

何か…何かな…、良くも悪くも
「スゲェ」としか感想が出てきません。
劇中にまともな人がほぼいませんし、
いきなり「え?そうだったの?」みたいな
後出しが多すぎて…。

個人的に、高校生がジャズ喫茶に
出入りするのはまだアリかと思いますが
ナイトクラブはさすがに誰か止めろw
つーか龍一行くな、さくら達を連れてくなって!
あと良子ちゃんも息子の行いを反省しろww
そしてさくらの家出の扱いが軽すぎるwww
すみれがいつの間にやら家庭を顧みない
企業戦士になったのかは知りませんが
せめて娘の家出時くらいゆりが
何と言おうと向き合えって!飲みに行くなwww
しかも明美さんがバーボン一人飲みとか
地味に喫茶ヨーソローの常連とか
後付けすぎてもうwww

しかもさくら、大口叩いて結局行き先は
ゆりの家だという…。
「私かて…、好きであの家に一人でいるわけやない。
しょうがないからいてるの」

うわあああああああああ…!
お芝居とは重々承知しておりますが、
本気で腹立ちましたわこのセリフ…。
「一人」って!喜代さんは!?(泣)
ストーリー的には先が予想できるとはいえ
不快さが先立っちゃって、最近べっぴんさんの
15分が苦痛です…。

癒しはやはり悦子様。結婚おめでとうございます!
お相手は…目くばせのあの人だろうけど…。
なれそめをぜひ知りたい(笑)
ところで、悦子様が彼と結婚したら、私の身内と
完全に同姓同名になるのでびびった私です。

栄輔と西城は「フーン」くらいのテンションで
観ている私ですが、まさかの玉井がスーツ着用で
社長秘書!?とか、そっちもびびりました♪
今後しばらくはまた不快なストーリーが
続きそうですし、当分べっぴんさんは
悦子様と玉井に注目して観ようと思います(笑)

『べっぴんさん』第80話~85話(第16週)感想

2017 - 01/16 [Mon] - 02:16

あらすじ
麻田さんの最後のべっぴんさんを履いて
小学校に入学したさくらも、10年後には
女子高生に。昭和34年、新世代編開幕です。

靴職人にしてキアリス社長、
麻田さんも引退を決意。
もう靴を作れないと言う彼に
それでも作ってくれと迫るすみれと
さくらが無茶言うな状態でしたが…。
「本物を作る。想いをこめて作る。
どんなことがあっても、それを貫き通す。
それだけです。ありがとう、さくらちゃん。
靴屋人生の最後を、温かい思いで、
終えることができました」

最後の作品を仕上げることができたのは
よかったのかもな…。

この週、10年ワープしてトク子が大往生、
麻田さんが写真に…なってたけど
特に触れられてなかったのは再登場アリ?
キアリスは皇太子殿下のお子様の服を
頼まれるまでになり、会社としても成長。
そして子どもたちも成長しました。
15歳。大人と子どもの中間、思春期です。
そんな複雑な年ごろの子がいるのに
夫婦そろって連日仕事で帰りが遅い。
さくらのことはまた喜代さん任せ。
この週だけでさくらはジャズ喫茶、
ナイトクラブ、初恋と経験することに…。

このさくら闇落ち(?)のくだり、
物語上必要なのか正直疑問ですが…。
さくらの高校合格祝いにすみれと紀夫が
仕事でいないとか、ハラハラする
エピソードでさえも、次の日には
何事もなかったように話が進むしなあ。
いい方に解釈すれば、何があっても、
引きずらずに物語が進むんじゃないですかね。

さくらの初恋の相手が二郎で、二郎と
再登場の栄輔が繋がっていて、さくらと
栄輔が再会したのはうまい流れだと
思ったんですが、何か、何かな…って
感じることも多いです。
一番は、やっぱり10年経っても
明美さんとタケちゃんが
進展してないっぽいことですね(泣)
でも、部長に昇進して、スーツ姿になった
タケちゃんがこれから漢を見せてくれるって
私信じてる!頼むぜタケちゃん~。

『べっぴんさん』第76話~79話(第15週)感想

2017 - 01/10 [Tue] - 02:17

あらすじ
昭和25年の年明け。キアリスはベビーと
子供用品の総合店を目指して準備を始めます。

2017年最初の朝ドラでしたが…。
これ、お正月明け一発目よ?もう少し
どうにかならなかった?というのが
正直なところです。

近江でのいざこざ→飲んで 食って 歌へでの
和解は…、喜劇のつもりだったのかと思えば
まあ観られないこともなかったですが。
さくらのおぜんざいエピソードはもう
不快でしかなかったです。
「このおぜんざい、おいしくない。
いつもの喜代さんが作ってくれる
おぜんざいの方がおいしい。喜代さん、
新しいおぜんざい作って」

とか、OH、子どもは正直!と観るにしては
普段のさくらは言わなさそうな直接的すぎる
台詞というか、不自然すぎでした。

私がすみれの立場だったら、やっぱり
あの場ではさくらを叱るでしょうけども、
あれではさくらはどうして叱られたのか
わかってないでしょうね。
おぜんざいみたいなシンプルなものほど
家庭ごとの味があるものだから、喜代さんの
おぜんざいと味が違っても当然ですし。
何よりいけないのは、せっかく自分のために
作ってくれたものを「おいしくない」と
言うことだと諭す場面は…省略でした。
さくらを追いかけた紀夫が
その役割だったんでしょうけど。

あとは、明美さんの英語の件。
日常英会話とビジネス英語はやはり違う。
それは仕方ないことですが、キアリスの
今後に英語が必要な場面で、すみれ達が
「英語なら明美さん」とならないのはなぜかと。
キアリス創業時、明美さんの英語に助けられたくせに
なかったことになってるのが何とも不自然で。
「 明美さん…もっと、英語を使いたいって
思うてるんやないかなぁって…」

どのツラ下げて言ってんだ、すみれー!!

…と、すみません長々と愚痴でしたが
次週はさっくり10年後らしいので
切り替えというか、もっとイライラせず
観られたらいいのですが。
とりあえず、タケちゃんと明美さんが
うまくいきますように!パンパン!(←柏手)

『べっぴんさん』第73話~75話(第14週)&年始挨拶感想

2017 - 01/04 [Wed] - 02:12

あらすじ
キアリスに紀夫が加わり、
社内に新しい風が吹きこみました。
年始挨拶では、今後の予告映像公開!

紀夫が加わったキアリスは法人化することに。
…え、今さら?みたいな感じですが、今までは
個人商店的な商いだったのでしょうか。
ちなみに社長は麻田さん。
実務に関わらない人で、年齢もそれなりで
キアリスはあさやさんから始まったから。
社長ってそんな風に決めていいのか謎ですが
ともかくキアリスは、株式会社キアリス発足に
向けて動き出しました。

と、この女学校ノリを引き締めるべく
張り切りだす紀夫。朝礼・名字呼びという
それこそ今さらな改革を始めるも、
キアリスをベビーと子供用品の総合店に
しようと思いついた女性陣、さっそく
食器セットを発注してきちゃいましたー。
経理・紀夫は激怒しますが、食器セットは
売れに売れ、完売。結果としては東京の
松島屋デパートにも販路が広がることになりました。
これを機に呼び名も元通り。…って、紀夫よ、
締めるところは締めてもええんやで…?
何か、何かな…、社会人のマナーとかは
教えておいてええと思うんよ…w

まあ、年末ということでドラマは綺麗にまとまり
ゆりと潔にも第一子・正太が誕生。名前は
正蔵さんからいただいたんだろうなあ…( ;∀;)

と、おめでたムードで年始挨拶の
「お正月だよべっぴんさん」を視聴しました。
キアリスかるた可愛いとか、明美さん強えとか
ほのぼのしつつ、今後の予告…!
麻田さんの引退?やら栄輔の意外な再登場やら
大きくなったさくら達…。さらに派手な
いでたちのさくらをビンタするすみれー!!
なんだか新章はずいぶん雰囲気が違ったものに
なりそうな予感!
ドラマ完走まで、感想にもまたお付き合い
よろしくお願いいたします^^

『べっぴんさん』第67話~72話(第12・13週)感想

2016 - 12/28 [Wed] - 09:41

あらすじ
キアリス法人化が決定。
そして紀夫も重大な決意をします。

ゆりが妊娠。潔は子どもを預けて
ゆりが働くもんだと決めつけ、ゆり家出。
すると正蔵が潔の夢に現れて孫を待ちわびる。

すみれ専業主婦に。が、キアリスガイドの
お手伝いは続き、紀夫も手作りの楽しさと
すみれの輝く時に気づき、すみれをお店に
戻すと決意。さらに自身も、坂東営業部を
辞めて、ちゃんとした経理が必要な
「株式会社キアリス」に入ると決意。

すべてがwin-win状態。おさまるところに
おさまったメリークリスマス週でした。
…が、野上&坂東夫妻に振り回された
週でもありましたな…w

だってどっちも夫婦で話し合いさえすれば
いいことです。すみれも結局辞める辞める詐欺に
なったし、紀夫に至っては嫁に相談なしに
会社を辞めるとか!
しかも「キアリスに入れてください」ではなく
キアリスに入るのが決定事項だし!
いくらキアリスに経理が必要で、良子ちゃんが
知らん人が入るのは嫌と言ったとはいえ…。
なかなかぶっ飛んでます紀夫も!!

ただ、紀夫が戦地から帰還した時には
すみれはもうキアリスで働いていました。
最初は生活のためだったとはいえ、
お店ですみれが楽しそうに働く姿を、
頭ではわかっていても心でまでは、
紀夫はやはり受け止め切れずにいた気がします。
「僕らは、たしかに大事な時間を
戦争に奪われた。そやけど、もっと大事なのは
これからや。すみれの人生は、あと何十年も
続くんや。それこそ、僕と生きていく人生も、
何十年も続くんや」

その紀夫が、ようやく「キアリスのすみれ」と
向き合えたかもしれません。
だからこそ、自身もキアリスに入ろうと
決意できたのでしょう。

坂東営業部も、ゆりと潔、それに
産まれてくる子どもがいれば大丈夫でしょうし。
ようやっと、すみれもゆりも夫と話して
平穏が訪れました。
…今後はもっとちゃんと家で話せよ!と
思わずにはいられませんでしたが(笑)

« | HOME |  »

プロフィール

さかい

Author:さかい
0311生誕、うお座B型
趣味:麻雀とか水泳、たまにマラソン・アーチェリー。
現在札幌在住、塾講師ですが休業中。

好きな色は青。好きな麻雀牌は北です。あとプリキュア大好きです。キュアパッションは永遠にマイエンジェル。そして福本漫画が熱い。熱すぎるっ…!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー・月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード